1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/13(日)14:10:41 ID:iNX
インターネットの普及により、「ネット依存症」という言葉を聞くことは珍しくなくなりました。もっとも昨今、電車内で老若男女問わず
スマートフォンいじりに興じているのを見ると、社会全体がネット依存の様相を呈しているかのようです。こうしたスマートフォンいじりをしている人の中には、
ネットを介したオンラインゲームに熱中している人も少なくありません。そのような中で昨年、ちょっと驚くべきニュースがありました。
健康に関する国連の専門機関である世界保健機関(WHO)が2018年6月に発表した国際疾病分類第11版(ICD-11)でゲームに過度に
依存している状態を「ゲーム障害」と新たな病気として分類したことです。

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20190108/med/00m/100/015000c


2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/13(日)15:38:38 ID:U9X
いやゲームだけじゃなくてさ
人間は「何かをしてないと苦痛」っていう多少あると思うんだよね
それが仕事だったり娯楽だったりしてるだけだろ?

3: 名無しさん@おーぷん 2019/01/13(日)18:03:44 ID:MDX
ゲーム脳という似非科学があったっけ

  • スレッドURL: http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1547356241/