1: 名無しさん@おーぷん 19/06/21(金)07:50:07 ID:???
※地球から131億光年離れた宇宙のはるかかなたで2つの銀河が合体する様子を早稲田大学などのグループが観測することに成功し、宇宙の成り立ちの謎に迫る成果として注目されています。

早稲田大学や東京大学などの国際グループは、南米チリにある電波望遠鏡、アルマ望遠鏡で「ろくぶんぎ座」の方角にある銀河を観測しました。

その結果、炭素やちりなどが放つ電波を捉え、その強さなどからほぼ同じ大きさの銀河2つが左右に並んでいることがわかりました。

さらに分析をしたところ、2つの銀河は合体している途中とみられるということで、地球からの距離はこれまで観測できた合体する銀河の中では、最も遠い131億光年先にあるということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190621/k10011962741000.html


2: 名無しさん@おーぷん 19/06/21(金)08:02:45 ID:???
銀河ですら合体しているというのに…

7: 名無しさん@おーぷん 19/06/21(金)12:59:49 ID:???
>>2
は?銀河とか大先輩なんだから当たり前だろ

4: 名無しさん@おーぷん 19/06/21(金)09:51:51 ID:???
合体だ!

8: 名無しさん@おーぷん 19/06/21(金)15:21:53 ID:???
他人事じゃねーぞ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%E6%B2%B3%E7%B3%BB
>従って銀河系はアンドロメダ銀河と約40億年後には衝突することが示唆されている

  • スレッドURL: http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1561071007/