おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

    2018年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/29(土)11:30:23 ID:???
    ※「小室さんは、日本を発った時点では、長期の留学に必要な『留学ビザ』を取得していなかったようです。だから、3か月以上はアメリカに連続して滞在できない。10月下旬までに、一度は日本へ戻らないといけないようなのです」(外交関係者)

    「なぜ留学ビザを取得しなかったのか、まず考えられる理由は、その財政能力証明のことでしょう。渡米した現在でも、ビザ問題がクリアされているのかは、定かではありません」(前出・外交関係者)

    一方で、宮内庁関係者はこんな見方をする。
    「3か月に1度、帰国しなければならないとなると、出発時点で、10月末頃までに帰国しなければならないことはわかっていたはず。普通であれば留学後間もなく、勉強で多忙な生活の中、何日も割いて帰国しなければならないようなことは避けるはず。
    にもかかわらず、小室さんがビザを取得せずに留学をスタートさせたとすれば、そもそもその“帰国”を計算していたのでは、という見方もあります。
    10月は、5日が小室さんの誕生日、23日が眞子さまの誕生日で、ふたりにとっては特別な月です。その時期を一緒に日本で過ごそうという思いがあったのかもしれません。ビザを理由にすれば、何があっても帰国する“正当な理由”になりますから」

    2018年9月28日 16時0分 NEWSポストセブン
    http://news.livedoor.com/article/detail/15370509/

    【小室圭さん、残高証明難しく留学ビザ取得ならず 一時帰国か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/09/29(土)21:27:57 ID:D3U
    警察によりますと、先月、大阪の富田林警察署から逃走した容疑者(30)とみられる男が、山口県内で身柄を確保されたということです。

    (略)

    NHKニュースWEB 2018年9月29日 21時15分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180929/k10011650001000.html

    【【社会】大阪の警察署の留置場から逃走の男か 山口県内で身柄確保 [H30/9/29]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/09/29(土)19:28:38 ID:D3U
    災害で電気やガス、水道が止まっても、ごはんを口にできます――。
    大阪府吹田市のJA北大阪が地元産のコメを使い、缶入り飲料
    「農協の飲めるごはん」を独自に開発して販売。
    大規模災害が続く中、備蓄用の非常食として全国から問い合わせが
    続いている。

    「飲めるごはん」の主な原料は、コメ、小豆、はと麦の穀物。コメは
    地元の農家が作った「ヒノヒカリ」を使う。
    国がアレルギー表示の対象にしている卵や小麦、そばなどの
    27品目は含まない。

    1缶245グラムで、5年の長期保存が可能だ。
    加熱や加水は不要で、停電や断水の時も、すぐ口にできる。

    (略)

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180929-00000028-asahi-000-3-view.jpg

    YAHOO! 9/29(土) 14:21 朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000028-asahi-soci

    【【話題】非常食に「飲めるごはん」 農協が開発、災害で注文続々 [H30/9/29]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/09/29(土)19:58:21 ID:D3U
    中国の国家市場監督管理総局は29日、米ゼネラル・モーターズ(GM)の
    中国合弁会社が「ビュイック」など332万台余りをリコール(無料の回収・修理)すると
    発表した。管理総局の調査に基づく措置。
    米中貿易摩擦が激化する中、対米制裁措置の一環と受け止められる可能性もある。

    リコールには「シボレー」「キャデラック」といったほかのGMのブランドの車も含まれる。
    ハンドル操作を前輪に伝える機構の一部に欠陥があり、最悪の場合は車が
    コントロールできなくなるとしている。

    管理総局は「消費者の訴えを基に管理総局が調査、評価した」と説明しており、
    当局主導でリコールが決まった。

    (略)

    産経ニュース 2018.9.29 17:58
    http://www.sankei.com/world/news/180929/wor1809290015-n1.html

    【【国際】中国でGM車330万台リコール、対米制裁か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/09/29(土)19:45:35 ID:???
    ※牛丼大手の吉野家ホールディングス(HD)は27日、平成30年8月中間連結決算と31年2月期決算の予想を下方修正し、ともに最終損益が赤字に転落すると発表した。

    最終赤字になるのは中間期では22年8月期以来8期ぶりで、通期では25年2月期以来6期ぶり。人手不足による人件費関連の上昇でコストが増加し、収益を圧迫した。


    2018年9月27日 18時18分 産経新聞
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15365976/

    【吉野家HDが最終赤字に 人件費負担が収益圧迫】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/09/29(土)12:30:36 ID:???
    ※美容整形を目的に韓国の医療機関を受診した日本人が、昨年1年間で約6000人に上り、9年前の20倍近くに急増したことが、韓国当局への取材でわかった。
    距離的な近さや手術代の安さに加え、「Kポップ」アイドル人気が背景にあるとみられる。
    一方で、手術を巡るトラブルも起きており、日本の国民生活センターは「本当に必要かよく考えてほしい」と呼びかけている。

    「10日ぐらいで顔の腫れはひきます」
    ソウルの美容外科医院で9月上旬、韓国人医師が通訳を介して、夏休みを利用して神奈川県から訪れた大学1年の女子学生(18)に説明した。女性は鼻筋を3ミリ高くし、鼻の形を変える手術を受けた。


    2018年9月28日 10時2分 読売新聞
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15368144/

    【韓国で整形の日本人、年6000人と急増 手術を巡るトラブルも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/09/29(土)20:52:59 ID:???
    ※「くまのプーさん」の実写映画が人気です。しかも公開以来、30~40代の男性観客の来場が増えているといいます。彼らはこの映画になにを求めているのでしょうか。
    ライターの稲田豊史さんは「最近は『とにかく動け』と煽る風潮が強い。そこに疲れた人が、プーさんの『何もしなくていい』という主張に共感しているのではないか」と分析します―

    多くの観客は予告編を観て観に行く映画を決めるものですが、『プーと大人になった僕』の予告編は、「仕事が忙しくて家庭をおざなりにしていた中年の男が、純粋無垢なプーに再会することによって改心し、家庭を大事にするに至る」話だということが、はっきりわかる作りになっています。
    この時点で、実際に仕事と家庭の両立に悩んでいる30~40代男性のアンテナにひっかかったと推察されます。

    30~40代男性の多くは、毎日限界まで働きづめで、個人のブランド化や社会システムの変革などという高邁な理想について、考える時間も心の余裕もありません。
    家のローン、子供の教育、妻のケア、親の介護で頭はいっぱい。税金は上がる一方だし、老後には不安しかありません。ものすごく疲弊しているのです。
    また、30~40代の多くは、バブル崩壊後の就職氷河期を経験した「ロスジェネ」です。彼らの想いを代弁すると、以下のようになるでしょう。
    「死ぬ思いで受験勉強していい大学に入ったのに、就職活動は大苦戦。やっと入れた会社で10年も20年も身を粉にして働いてきた。にもかかわらず、今になって"会社に期待するのはダサい"だなんて、そりゃないよ。今さら個人の能力で生き残れとか言われても……」

    『プーと大人になった僕』の30~40代男性からの支持は、吹き荒れるビジネスマッチョイズム旋風に対する、彼らのささやかな抵抗です。
    同じ千数百円を払うなら、圧の強い啓発書で自分に気合を注入するより、小さなクマに優しい言葉をかけてもらいたい。この国のサイレントマジョリティである30~40代男性は、それほど疲れています。


    2018年9月29日 11時15分 プレジデントオンライン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15374085/

    【「プーと大人になった僕」とにかく働けという風潮へのささやかな抵抗】の続きを読む

    このページのトップヘ