おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/11(金)16:52:28 ID:6pd
    【簡単に説明すると】
    ・マクドナルドにLサイズ超えのグランドサイズ
    ・Mサイズに100円プラス
    ・1月16日から2月上旬までの期間限定
    http://gogotsu.com/archives/46971

    【マクドナルドがグランドサイズを提供開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/10/04(木)20:26:56 ID:Odr
    キノコ狩りのシーズンに入り、新潟県は急性脳症との因果関係が
    懸念される「スギヒラタケ」を食べないよう注意を呼びかけている。

    かつて食用とされていたスギヒラタケは近年、食べた人が意識障害、
    けいれんなど急性脳症を発症したとする報告が相次いでいる。
    県内では2003年以降、スギヒラタケを食した22人が急性脳症と
    なり、うち6人が死亡した。

    当初、腎臓機能が低下している人が食べた場合に急性脳症になると
    考えられていたが、腎臓に異常がない人にも、発症する事例が
    報告された。
    因果関係は解明されていないものの、農林水産省などにより、
    急性脳症の原因につながるとした研究結果も出ている。

    (略)

    スギヒラタケ(県提供)
    https://www.yomiuri.co.jp/photo/20181004/20181004-OYT1I50029-L.jpg

    読売新聞 2018年10月04日 17時53分
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20181004-OYT1T50068.html

    【【社会】急性脳症で6人死亡「スギヒラタケ食べないで」=新潟 [H30/10/4]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/10/01(月)02:50:13 ID:???
    ※セレブ向けスーパー・成城石井といえば、高品質な商品を多数取り揃えていることで有名。その中でもチーズや生ハムなどには定評があるが、成城石井マニアの記者おススメは、ズバリ『キムチ』である。

    日本のキムチは韓国のキムチにくらべ甘く、韓国のキムチは日本人的に辛すぎることが多い。
    だが、成城石井のキムチは甘さや辛さを控えめに、じんわりとした醤油漬けのような旨味があるので、そのまま食べても食材として使用しても、バツグンにウマいのだ。

    その中でもイチオシの食べ方は『牛キムチ炒め』。作り方は牛肉の細切れと成城石井のキムチをたっぷり混ぜて炒めるだけだ。
    お好みで玉ねぎやほかの食材を入れてもいいし、仕上げに醤油をすこしだけかけても良いだろう。


    【画像】成城石井の『白菜キムチ』と『牛キムチ炒め』
    https://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/09/sirabee20180930seijyoishiikimuchi004-600x450.jpg
    https://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/09/sirabee20180930seijyoishiikimuchi005-600x450.jpg
    https://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/09/sirabee20180930seijyoishiikimuchi003-600x450.jpg

    2018/09/30 18:30 しらべぇ
    https://sirabee.com/2018/09/30/20161815830/

    【成城石井の『キムチ』が激ウマすぎる! チーズよりもイチオシしたいレベル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/09/29(土)19:28:38 ID:D3U
    災害で電気やガス、水道が止まっても、ごはんを口にできます――。
    大阪府吹田市のJA北大阪が地元産のコメを使い、缶入り飲料
    「農協の飲めるごはん」を独自に開発して販売。
    大規模災害が続く中、備蓄用の非常食として全国から問い合わせが
    続いている。

    「飲めるごはん」の主な原料は、コメ、小豆、はと麦の穀物。コメは
    地元の農家が作った「ヒノヒカリ」を使う。
    国がアレルギー表示の対象にしている卵や小麦、そばなどの
    27品目は含まない。

    1缶245グラムで、5年の長期保存が可能だ。
    加熱や加水は不要で、停電や断水の時も、すぐ口にできる。

    (略)

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180929-00000028-asahi-000-3-view.jpg

    YAHOO! 9/29(土) 14:21 朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000028-asahi-soci

    【【話題】非常食に「飲めるごはん」 農協が開発、災害で注文続々 [H30/9/29]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)16:57:33 ID:40V
    マイボイスコムが「カレーに関するアンケート調査」を発表し、カレーを食べる頻度がわずかに減るとともに、自宅で作る形式からレトルトや
    弁当として既にできあがったカレーを食べる人が増えていることが分かった。

    【こちらも】ボンカレーが本場インドに殴り込みをかける背景

    ■「月に2~3回食べる」が34.1%

    6日、インターネットリサーチ会社のマイボイスコムが「カレーに関するアンケート調査」を発表した。これは、10代から70代の
    男女1万516名を対象にインターネットで調査したもので、2015年8月に続き、今回が7回目。

    カレーを食べる頻度で最も多かったのは「月に2~3回程度」の34.1%。次いで、「月に1回程度」の30.0%、「2~3カ月に1回程度」の14.2%、
    「週に1回程度」の11.7%などとなっている。2011年8月の第4回調査と比較すると、「食べない」が1.0%から3.8%になった他、
    「週に2回以上」が2.4%から1.9%になるなど、全体としてカレーを食べる回数が減る傾向が伺える。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15270249/

    【日本人のカレー離れが深刻に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/09/07(金)12:52:40 ID:???
    ※「最近、どうもED(勃起不全)気味……。うな丼でも食べて精をつけるか」

    このような発想を、日本性機能学会専門医の須田隆輿氏は「逆効果になりかねません」と警鐘を鳴らす。
    「EDは血管と神経の問題が中心です。生活習慣病が引き金となって発症することが多く、予防にはバランスがよく適正なカロリーの食事が重要。なのに、うな丼のほとんどはご飯ですよね。
    合わせて食べるのもお吸い物くらいで、バランスもよくはない。偏った食事を続け、カロリーの過剰な摂取が慢性化すれば、EDリスクに繋がります」

    そもそも、ウナギのように“精がつく”といわれる食事には「科学的な根拠が少ない」という。
    「一般的に精がつくと言われる食品は、科学的にEDに効くというエビデンスを欠いており、民間伝承のようなものと言わざるを得ません。私見ですが、ウナギ、スッポンの頭、山芋などは、どれも“男性の陰茎に似ている”という特徴がある。
    要は、連想ゲームのようなものにすぎないのでしょう。そもそも、精がつくという言葉の定義自体が曖昧です。タウリンが豊富といわれるしじみ汁も、飲みすぎは塩分過多で、ED予防にはかえってよくないこともあり得ますね」


    2018年9月7日08時52分 日刊SPA!
    https://news.infoseek.co.jp/article/spa_20180907_01495046?ptadid=

    【ウナギ、山芋…“精がつく”食品はほぼ根拠がなかった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/02(日)15:48:18 ID:???
    >>2012年に提供が禁止された牛レバ刺しの代用品にと、岩手県洋野町で創業77年のキノコ卸販売「長根商店」が、天然のアミタケを原料に「森のレバ刺(さし)」を開発した
    6日から盛岡市内の飲食店などで提供される
    使用するのは、天然キノコの産地として名高い中国チベット自治区で採れたアミタケ。レバ刺しと食感が似ている直径10センチほどの大ぶりなキノコを厳選する
    アミタケは加熱すると黒く変色するため、余分な熱を加えない独自の殺菌方法で色合いも忠実に再現した
    長根社長は「ゆくゆくは販売先を全国に広げたい。見た目、食感、味わいはレバ刺しそっくりだが、天然ならではのアミタケの風味も楽しめる」とPRする
    小売り用は1パック80グラム入りで400円(税別)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00000013-khks-bus_all

    【牛レバ刺しをアミタケで再現 岩手・洋野町、卸販売が開発】の続きを読む

    このページのトップヘ