おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/22(水)08:12:04 ID:WU1
    「猫の世話」求人に応募殺到=ニャンと3万5000人超-ギリシャ
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082200170&g=int

    エーゲ海に浮かぶギリシャのシロス島で、住み込みで猫の世話をする仕事を動物愛護団体が求人募集したところ、世界中から3万5000人超もの応募が集まった。
    米ABCニュースなどが報じた。

    求人募集によると、仕事は島にいる55匹の猫の世話。海を見渡せる庭付きの小さな家への住み込みで水道代・電気代は不要。給料も支払われる。
    仕事は11月からで少なくとも半年以上の勤務が求められる。
    団体は「45歳以上で、責任感があって信頼でき、正直なやる気のある人が最適」としている。

    8月上旬にフェイスブックで募集が発表されると話がたちまち広まり、欧米メディアが「夢の仕事」(英紙インディペンデント)などと紹介。
    世界各地の猫好きから応募が殺到した。

    【エーゲ海の美しい島で猫の世話をするだけのお仕事】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/03(金)16:46:31 ID:pVL
    ロシア・モスクワにある博物館で「最も有名な職員」として知られる黒猫が今週、
    不可解な誘拐事件の被害に遭い、ロシア国民の関心を集めている。

    続きはソースで
    http://news.livedoor.com/article/detail/15107641/

    【博物館の名物猫、不可解な誘拐事件に巻き込まれる ロシア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ◆vq4yK0L4gQ 2018/08/01(水)08:48:49 ID:???
    ※野良猫の繁殖防止を目的とした一斉不妊去勢が尾道市の市勤労青少年ホームで行なわれ、122匹が手術を受けた。
    猫と人間の共存をめぐる問題に、ネットでは様々な考えが出ているようだ。

    「毎日新聞」によると、広島県が一斉不妊去勢を実施したのは今回が初めて。野良猫や首輪を付けた地域猫が持ち込まれ、不妊や去勢手術を受けた。また、耳には手術済みを示すカットが入れられたという。

    大林宣彦作品で幾度となく舞台となった坂の町・尾道は、近年「猫の町」として観光客から人気を集めている一方で、大量繁殖や糞尿による被害をめぐって、世話をする住民と反対派の間で対立が起きている。
    例えば全国有数の殺処分数を誇る長崎県内では、15年には犬猫合計で4370匹が殺処分で生涯を終えたのだが、この大きな要因のひとつとされるのが野良猫の多さ。
    猫好みの温暖な気候であることから、他の地域と比較して繁殖しやすいのだ。

    一方、尾道も温暖少雨な気候で知られ、一度行けばわかるが坂道が非常に日向ぼっこに適している。そういう意味でも、今回の一斉不妊去勢は、大きな意味を持つと言える。


    2018年07月31日 16時30分 しらべぇ
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161732853/

    【猫の町・尾道で野良猫が大量去勢「猫との共存」のあり方を考える人が相次ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/06(金)17:07:28 ID:eQd
    タイトルからして「どういう事だよ」とツッコみたくなるカプセルトイ
    「めっちゃ体の長いネコのえんぴつキャップ」がキタンクラブから
    2018年7月20日(金)よりカプセルトイで発売となります。1回300円。

    ラインアップは、三毛(立ち姿)、茶トラ(立ち姿)、クロ(立ち姿)と、
    三毛(座り)、茶トラ(座り)、グレー(座り)。

    画像
    no title

    no title


    ソース
    http://otakei.otakuma.net/archives/2018070604.html

    【「体がめっちゃ長い猫」が鉛筆のキャップに】の続きを読む

    このページのトップヘ