おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

    オウム真理教

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日)00:23:14 ID:7Qd
    ビートたけしが14日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演し、以前、オウム真理教の広告塔のように扱われたことがあると不満を訴えた。

    【写真】女優「広告塔」批判に「否定はしない」

     番組では麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚の死刑が執行されたことを取り上げた。これに関連してたけしは「信者みたいな扱いされちゃったんだよ」と明かした
    。「オウムが全然有名になる前に、テレビ局で対談したの。そのテープを全部使って『たけしがシンパになった』と。その後、じゃんじゃんじゃんじゃん。
    おれがいつの間にかシンパになっちゃって。いい迷惑だよ」と訴えた。

     安住紳一郎アナウンサーが「広告塔として利用された?」と尋ねると、たけしは「うん」と応じ、「そういう人いっぱいいるよ。本人が知らない間にオウムの宣伝に使われたという人は」
    と自分以外にも被害にあった芸能関係者がいると話した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000114-dal-ent
    https://www.youtube.com/watch?v=Aj7QXqJcwz4


    【ビートたけし「麻原と対談しただけでオウムのシンパ扱いされた!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ◆vq4yK0L4gQ 2018/07/08(日)12:50:42 ID:???
    ※麗華氏は「アーチャリー」というホーリーネームで5歳から教団内で過ごし、12歳の時に父親の逮捕を経験。
    現在は執筆業を行ない、2015年には『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』を出帆した。

    死刑執行の報道後、そんな彼女のもとには多くの誹謗中傷リプライが寄せられることに。
    ほんの一部だが、ここで紹介すると…

    ・あんたも親父の後追いかけなよ
    ・ざまあああああああああああああああああ いや? おめでとおおおおおおおおおと!!!!
    ・無事に死刑執行されたね! パパにおやすみなさいは?

    一方、この状況に対し、「死刑囚の娘なら何言ってもいいのか」「父親の罪は、子供には関係ないだろ」と非難の声も。

    ・麻原彰晃が死刑執行されて、娘の松本麗華のTwitterに「オメデトー!」ってわざわざ書き込んでる奴…犯罪者の娘にはどんな仕打ちしてもいいんか。この間違った正義が横行してる限り人種差別やいじめはこの地球上から消えることはないだろうな
    ・死刑執行された麻原彰晃の実娘のアカウントに「お前の父ちゃん死んだ~w」とツイートする人たちが湧いてるようです。こういう行為を面白がって許容する国にしてはいかん。これはあかん。ダメです


    2018/07/06 15:00
    https://sirabee.com/2018/07/06/20161699529/

    【麻原彰晃の三女ツイッターに「おめでとう」 差別的な中傷に怒りの声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/07(土)17:42:10 ID:mlH
    2018年7月6日、アトラスでもすでに報じたように麻原彰晃の死刑執行が大きな反響を巻き起こしている。「遺体の引き取りは三女のアーチャリーか?」「信者が続々と集結、報復テロか?」など、日本中がこの話題で議論が行われている。

    そんな中、日本テレビ系列で放送されている人気番組「情報ライブ ミヤネ屋」において司会の宮根誠司がとんでも発言をした。

    「我々素人が考えるに、今、日本全国が大雨で大変になっている。災害も起きており、命を落とす人もいる。(麻原彰晃の死刑を)あえて今日やる必要があったのか?なんで、ずらさなかったのか?」

    http://mnsatlas.com/?p=37218

    【宮根とんでも発言「大雨の中、なんで麻原の死刑執行をズラせなかったのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/07(土)11:43:48 ID:mlH
    松本智津夫らのオウム死刑囚7名の刑が執行されました。そこには、教団の科学技術省大臣として、表舞台にも登場し、サリンの大量製造などを進めていた村井秀夫の名がありません。
    村井秀夫は、1995年に東京都港区南青山の教団東京総本部前に、取材で押し寄せたマスコミ関係者の目の前で刺殺されてしまったからです。
    殺到するマスコミの取材陣に囲まれたなかで平然と実行された殺人という点では、1985年に豊田商事の会長が自宅マンションで殺害された事件を彷彿させました。

    (略)

    村井が刺殺された事件も未だに真相はわかりません。村井を刺殺した犯人は山口組傘下の右翼団体構成員で、在日韓国人の徐裕行(ソ・ユヘン)です。
    村井を「義憤でやった」という徐の言葉を額面通り受け止める人はないと思いますが、犯行の背後にどんな組織、あるいは誰がいたのかはいまだに謎のままです。

    そして、もっとも大きな謎は、オウムがなにで資金を得ていたのかではないでしょうか。村井秀夫はうっかり記者会見でオウムは1,000億円の資金を持っていると漏らしてしまいましたが、もしそうならオウムが経営していたパソコンショップなどで稼ぎ出せる金額ではありません。

    サリンなどの化学兵器開発費用だけでなく、選挙に打ってでた費用、ロシアで兵器を調達しようとしていたことなど、若い信者の全財産を集めたところで、そんな資金をまかなえるとは思えず、なんらかの方法で調達したと考えるのが自然です。しかし、その資金ルートもわかっていません。

    http://lite.blogos.com/article/309462/

    【オウムの資金源の謎】の続きを読む

    このページのトップヘ