おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

    ウナギ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/14(土)10:55:20 ID:???
    >>20日の土用の丑(うし)の日を目前に、ウナギに代わるかば焼き商材が盛り上がりを見せている
    アナゴやイワシ、サバ、サーモン、パンガシウス、すり身などの水産原料を使った商品の他、豚肉のかば焼きも登場
    メーカー各社はウナギ稚魚の不漁を商機と捉え、2016年時点で762億円(富士経済調べ)を誇るウナギかば焼き市場に照準を定める

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010000-minatos-bus_all

    【続々登場!ウナギ代替かば焼き 丑の日“本家”食う勢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/12(木)16:09:11 ID:uC6
     土用の丑(うし)の日(20日)を控え、記録的な不漁が続く国産ウナギが食べられるのか、と心配するのが消費者心理。
    でも、宮崎の養鰻(ようまん)漁業者に言わせると、「実はウナギが売れずに余っている」らしい。

     生産量全国3位の宮崎県内では、今年取れた稚魚が成長し、皮が薄く身がふっくらとした半年物「新仔(しんこ)ウナギ」の出荷が6月末、全国に先駆けて始まった。
    当初は「需要に対して出荷数が足りなくなる」と見込まれていた。
    県水産政策課のまとめでは、今期(2017年12月11日~18年3月25日)のシラスウナギの漁獲量は99・4キロ。
    前期(16年11月24日~17年3月8日)の412キロに比べ、4分の1に減ったからだ。

     でも、ふたを開けると、国産が売れずにだぶついているようだ。養殖業者の一人は「前年の1割程度の出荷量にもかかわらず、買い手がつかずに、多くのウナギが余る異常事態だ」と話す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000040-asahi-soci

    【ウナギ漁業者「助けて!不漁なのにうなぎの買い手がつかなくて余ってるの!」】の続きを読む

    このページのトップヘ