おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

    SNS

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/29(水)11:42:05 ID:???
    ※写真共有アプリのインスタグラムは28日、ユーザーが他のアカウントの真偽を評価できるようにする「アバウト・ディス・アカウント」機能を立ち上げると発表した
    偽(フェイク)アカウントを排除するのが目的で、親会社フェイスブック<FB.O>も数週間前に同様の機能を導入している
    ユーザーはあるアカウントが偽かどうかを見極めるため、そのアカウントが表示している広告、登録国、過去1年間のユーザーネームの変更履歴といった詳細を見ることができるようになる

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000017-reut-bus_all

    【インスタグラム、ユーザーが偽アカウント見極める機能導入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/14(火)12:47:07 ID:x0E
    この時期、帰省や旅行で出かける人もいるかと思いますが、特に気をつけないといけないのは、SNSへの投稿です。
    例えば、海外旅行中に「台湾でかき氷なう。」という投稿をしたとします。注目すべきは、この「なう。」というところなんです。

    SNSの危機管理に詳しい、オールアバウトガイド・ITジャーナリストの高橋暁子さんに聞くと

    高橋さん「『これから何日間留守にします』とか『いま旅行先にいます』という情報をリアルタイムで投稿してしまった場合は、
    何日から何日まで留守なので空き巣し放題ですと伝えることになってしまうんですね」

    留守にしていることがうかがえる投稿内容だと、その人の「過去」の投稿内容もチェックし、自宅を特定するヒントとなる“情報”を探すことができれば、
    格好の餌食になってしまうといいます。特に「写真」は、“情報”となりやすいそうです。

    高橋さん「背景に写り込んでいる所から、どこで撮ったか伝わってしまうのは非常に多いです」

    例えば過去に自宅からの風景や近所での写真を投稿したことがあったら要注意です。被写体以外の写り込みにまで、気を配れていたでしょうか?

    ツイッターやインスタグラムは、明らかに旅行先だということが分かる写真やコメントは避ける。
    「ハッシュタグ」は特に、検索されやすいので要注意です。外出時は留守を悟られないよう細心の注意を払いましょう。

    フェイスブック、ツイッター、インスタグラムのアプリは、投稿写真によって位置情報がピンポイントに特定されないよう、
    位置情報の取得機能が自動で削除されるようになっているそうです。

    しかしそれ以外のアプリ、特にベンチャー企業の新しいアプリは、そういった機能がない可能性があるので、
    スマホ本体の位置情報をオフにするなど注意が必要です。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180813-00000032-nnn-soci
    https://www.youtube.com/watch?v=zQvnfuLJnl0


    【「SNS空き巣」帰省や旅行中は特に注意!リアルタイム投稿は空き巣をおびき寄せる】の続きを読む

    このページのトップヘ