おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

    スマホ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/26(日)14:38:41 ID:bsE
    「スマホ見ながら運転」自転車ではね男性死亡
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180824-OYT1T50005.html
     茨城県つくば市の県道沿いの歩道で6月、歩行者の団体職員男性(当時62歳)が、無灯火のマウンテンバイクにはねられて死亡する事故があり、
    県警が、運転していた同市の男子大学生(19)を重過失致死容疑で水戸地検土浦支部に書類送検していたことが23日、捜査関係者などへの取材でわかった。
    大学生は事故直後、男性宅を訪れて妻(62)に謝罪し、スマートフォンを見ながら運転していたと説明したという。

     県警の発表によると、事故は6月25日午後8時45分頃に発生。男性は正面から来たマウンテンバイクにはねられて頭を強打し、
    26日未明に死亡した。マウンテンバイクにはライトが取り付けられていなかった。

     男性の妻が大学生や県警から受けた説明によると、事故当時、大学生は両耳にイヤホンをつけ時間を確認しようとスマホを操作しており、進路前方にいた男性に気付かなかったという。

    【夜9時に自転車に乗り、イヤホンで音楽を聴きながらスマホを見ていました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/26(日)14:19:31 ID:bsE
    スマホで写真を撮ったら、カシャッという音がするのは日本だと当たり前だ。しかし実を言うとこれ、世界から見たら珍しいことなのである。公式の発表はないようだが、世間では「盗撮防止」のためだと言われている。

    日本人は慣れっこになっていることでも、日本でスマホを買う外国人にとっては「余計なお世話」でしかないだろう。そしてそんな体験談が海外掲示板に投稿されたところ、ネットユーザーがザワついているので紹介したいと思う。
    ・日本のスマホに海外ネットユーザーはびっくり仰天

    海外掲示板Redditのユーザーが、「日本でiPhoneを買ったら、盗撮の防止策でカメラシャッター音をミュートにできない(韓国でも同じらしい)」というコメントを投稿した。

    そしたら文化の違い(!?)に海外のネットユーザーはびっくり仰天。日本では当たり前のことに対し、外国人は「ええっっ~!!」と驚いてしまったようである。では、一体どんな反応が飛び出したのだろう。コメントを以下にまとめてみた。

    https://rocketnews24.com/2018/08/25/1104867/

    【海外「なんで日本のスマホで写真を撮るとシャッター音が鳴るのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/02(木)15:21:37 ID:l8s
    ■熱伝導率の高い金属で熱を逃がす方法

    スマホが熱でダウンすると、あわてて冷却剤をあてて冷やそうとする人がいますが、これはNG。スマホ内部に結露が起こり、故障の原因になってしまいます。
    スマホやパソコンの熱を逃がして冷やすには、熱くなる部分に熱伝導率の高い金属を貼り、たまった熱をその金属に放熱させる方法がおすすめ。
    では熱伝導率の高い金属には何があるのでしょうか。熱伝導率が高い金属としては、金・銀・銅が知られています。このうち金と銀は身近にはありません。
    そこで銅を使います。一番身近な銅といえば、10円玉です。10円玉を熱がたまる場所にそのまま置いておくだけで効果があるのです。

    ■10円玉放熱システムのやり方

    スマホの場合は裏側に10円玉を置きます。10円玉が少ないようなら、熱がたまりやすい部分だけでも、ある程度の効果があります。
    持ち歩く場合は10円玉の上から養生テープを貼ると良いでしょう。この作業は熱くなってスマホがダウンしてからではなく、事前にやっておきましょう。
    パソコンも熱がたまりやすい部分に10円玉をできるだけたくさん置くだけで効果があります。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15090095/

    【スマホ、パソコンの“熱中症”には10円玉が効く!】の続きを読む

    このページのトップヘ