おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

    吉野家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/09/30(日)21:58:07 ID:???
    >>2018年8月。中国最大のIT都市・深セン。旅先の街角で、お馴染みのオレンジの看板を見つけた。
    「へ~、こんなところにも吉野家が......」何気なく近づいてみて驚いた。メニューを張り出したポスターに、カタカナで「ザリガニ」の4文字が躍っていたからだ。

    実は中国では近年、「ザリガニ」料理ブームが巻き起こっている。食べられるのは、日本でもおなじみのアメリカザリガニだ。日本人の感覚では「ゲテモノ」という印象が強いが、もともと米国などでは一般的な食材である。
    中国には日本経由で持ち込まれたともいわれ、今やその養殖は一大産業だ。ここ最近、「小龍蝦(小さいイセエビ/ロブスターの意)」の呼び名で本格的に売り出され、人気食材の座をつかんだ。

    翌日、お店を再訪し、件の「ザリガニ丼」を頼むことにした。お重入りで、小エビほどのサイズに調理されたザリガニ肉が、トウモロコシとともにピリ辛に仕立てられている。お値段は36元(約600円)、近所の相場からすればやや高級路線だ。
    口に運んでみる。肉の味は、割合に淡泊だ。食感も、エビのような弾力はない。シャコあたりが近いが、日本人の舌にはちょっと味わいが物足りない。だがそれがかえって、こちらの麻辣な調理法にはしっくり来る。臭みも、この味付けなら気にならない。米の飯ともしっかり合う。
    ゲテモノなんてとんでもない。日本の吉野家に並んでも、人気メニューになりそうだ(もちろん、抵抗はあるだろうが......)。


    2018年09月30日 10時00分 J-CASTニュース
    https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12144-339858/

    【吉野家が中国で「ザリガニ丼」売り出した理由 海外800店舗を実現したローカライズ戦略】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: あずにゃん◆vq4yK0L4gQ 2018/09/29(土)19:45:35 ID:???
    ※牛丼大手の吉野家ホールディングス(HD)は27日、平成30年8月中間連結決算と31年2月期決算の予想を下方修正し、ともに最終損益が赤字に転落すると発表した。

    最終赤字になるのは中間期では22年8月期以来8期ぶりで、通期では25年2月期以来6期ぶり。人手不足による人件費関連の上昇でコストが増加し、収益を圧迫した。


    2018年9月27日 18時18分 産経新聞
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15365976/

    【吉野家HDが最終赤字に 人件費負担が収益圧迫】の続きを読む

    このページのトップヘ