おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

    痴漢

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: ◆vq4yK0L4gQ 2018/07/06(金)12:00:18 ID:???
    ※報道によると、この巡査長は5日午前7時20分頃、通勤のためJR東海道線に乗車。尾張一宮・名古屋駅間を走行中、20代女性の尻を触ったところを現行犯逮捕された。
    被害女性は6月下旬から数回痴漢被害に遭っており、捜査員が列車に乗り込み警戒していた。
    捕まえてみると、犯人は何と同じ警察官だったというわけだ。

    逮捕された巡査長は容疑を認めており、「間違いない」と供述しているという。
    今後、懲戒解雇など厳重な処分が下されると思われるが、現在のところ詳細は不明で、県警の首席監察官が謝罪コメントを発表したのみとなっている。

    それにしても多すぎる警察官のわいせつ事件。一般市民に対する強制わいせつ、盗撮行為は毎日のように発生しており、信頼は失墜し続けている。

    今年2月には福岡県警の元警部補が宴会中、女性巡査部長を羽交い締めにし、もう1人の男性が覆いかぶさるなどした強制わいせつ事件も発生。
    裁判では宴会で食べ物の口移しや男性2人による性行為の真似などがかねてからあったとし、羽交い締めが強制わいせつには当たらないとして2被告が「無罪」を主張。
    そのモラルの低さに世間は怒りをぶつけた。

    また、滋賀県では2017年に懇親会で男性2人が女性にプロレス技「ロメロ・スペシャル」をかけ、その様子をほかの男性警察官が撮影するという事件も発生している。

    さらに犯罪行為ではないが、妻子持ちの男性警部と女性巡査が署内の個室で性行為に及んだ事案も。
    性欲を持て余しているのかどうかは不明だが、市民を守るために特権が与えられている警察官にそぐわない行為が続いている。


    7/5(木) 22:32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000020-reallive-ent

    【痴漢で捕まったのは、通勤途中の巡査長 警察官による性犯罪が相次ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    1: それなり◆SqzYrw7bo13o 2018/03/10(土)11:50:12 ID:Np6
    同条例(福岡県迷惑防止条例)違反容疑などで同隊が摘発した人数は、2013~15年に毎年十数人で推移。
    16年は22人で、昨年は44人と倍増した。

     要因について、同隊は痴漢事件に関する捜査技術の向上を挙げる。
    14年、窃盗事件を扱う捜査3課でスリ犯罪の担当が長いベテラン刑事を、
    同隊の「特務班長」に配置したのが転機になったという。

     痴漢とスリの容疑者は、遠目から人混みの中を物色し、視線を不自然に下げようとする共通した傾向があるという。
    隊員たちは特務班長と一緒に私服で駅構内を歩き、電車内での監視や尾行の方法を学んだ。

     さらに、同隊はJR九州などを対象に、情報提供を呼びかける講習会を繰り返し開いた。
    駅員らに、痴漢の相談を受けた人の連絡先などをしっかりと聞き、即座に連絡してもらうよう要請した。
    その結果、鉄道事業者などからの情報提供数は昨年、16年比で32件増の138件となった。

     ツイッターなどのSNSにも目を光らせ、
    「友達が痴漢に遭った」などの書き込みがあった時間帯の列車に集中的に乗り込み、摘発へとつなげたケースもあるという。

    全文はソースまで
    読売新聞
    http://sp.yomiuri.co.jp/national/20180310-OYT1T50000.html

    【【社会】スリ専門ベテラン刑事起用、痴漢摘発人数が倍増[2018/03/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ